インターネット契約navi TOP > インターネットを繋ぐための回線の種類は?

インターネットを繋ぐための回線の種類は?

インターネットを繋ぐための回線にはいろいろな名称のものがあって、混乱してしまう人も多いのではないでしょうか。ここではインターネット用語の意味からインターネット回線の歴史まで、インターネット契約初心者の方にもわかるように説明して行きたいと思います。

ナローバンドとブロードバンド

まず、インターネット回線は大きくナローバンドとブロードバンドに分けることができます。ナローバンドとは低速なインターネット回線のことをいいます。2つの電話回線を同時に使えるISDN回線などがこれに該当します。複数の電話回線を利用することで「電話と電話」「電話とFAX」「電話とインターネット」など自由に使い分けることができます。電話回線を使用した接続なので利用時間に応じた回線料金が発生するという特徴があります。現在のインターネットは、ゲームや動画、音楽配信など高速回線を必要とするものが多く、インターネット利用に際してナローバンドを利用する人は減っています。ダイアルアップ接続とも呼ばれ、インターネットの始まりの頃、一般の家庭は電話回線が1本のためインターネットをしていると電話ができない、電話をしているとインターネットができない、という問題を解消すべくISDN回線が生まれ普及するに至りましたが、現在ではさらに優れた回線が次々と誕生しているので、インターネット利用者の多くはそちらのサービスに移行されています。

ブロードバンドとは、電気信号や光信号などを利用し、高速で大容量な通信を可能にしたインターネット回線のことをいいます。色々な種類があり、通信速度が500kbpsの回線がブロードバンドに該当します。ナローバンドと比べると圧倒的に通信速度が早く、データ処理を素早く行うことができるため、現在のインターネット回線の主流となっています。料金は大抵定額制となっています。

ブロードバンドの種類

「光ファイバー」や、「ADSL」「CATV」などの有線通信、「3G」や「LTE」、「WiMAX」などの無線通信がブロードバンドに該当します。利用者のインターネット環境により、選ぶべきブロードバンドは変わってきます。高スペックのパソコンを買い、高速回線を使うとゲームや動画閲覧、大容量のデータ保存など様々なメリットを得ることはきますが、ホームページ閲覧やメールのやり取り程度の使用方法であれば、もっともっと安価に済ませることができます。
それぞれの特徴や料金等を次にまとめます。

1.光ファイバー(回線)
通信速度が速く、光の信号を1秒間に約20万qの速さで伝えることができます。従来は、データを音の信号に置き換えて送受信していたのですが、光ファイバーでは光の信号に変換しデータのやり取りをすることにより高速を実現しています。さらに、障害に強く周辺の建物や天気など外部的影響を受けることがないため、速い上に安定している回線だと言えます。仕事で使ったり、ゲームや動画を快適に楽しみたいのであれば、回線は光ファイバーを選ぶのが得策だと言えます。

2.ADSL回線
日本全域が対応エリアで、数あるブロードバンドの中でも最も安い料金で契約できるのがADSL回線です。アップロード速度がダウンロード速度に比べ遅いという特徴があります。これは、データを送信するのに比べるとデータを受信することの方が多いからです。通信速度は光ファイバーに比べると劣りますが、ホームページの閲覧やメールのやり取り程度でのインターネット利用であれば、料金の安いこの回線を選択するのが良いでしょう。

3.CATV(ケーブルテレビ)回線
CATVは、独自のケーブル網と電話回線を並行して利用しています。ADSLと比べると若干料金が高いく、回線速度はADSLと同じぐらいです。ケーブルテレビと連動した回線のため、インターネットもケーブルテレビも楽しみたい方に適していると言えます。別途プロバイダー契約は必要ありません。

4.高速モバイル
「3G」「LTE」「WiMAX」がこれに当たり、携帯型のこれらのモバイルルーターを使うことにより、各サービスの対応エリア内であればいつでもどこでもインターネット接続ができるというのが最大の特徴です。無線通信なので、場所に縛られることがなく、移動中でもインターネットを利用することができます。

インターネット契約の上部へ